症状別に見る

慢性腰痛

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 起床時に腰が痛む
  • 腰痛が何年も続いている
  • 原因がわからない腰痛
  • これまで整骨院や整体院でみてもらったが改善しない
  • 病院でも原因がわからなかった
  • 手術をした後も完治しない腰痛
  • 治らないとあきらめかけている

それって慢性腰痛?

慢性的な腰痛に悩まれている方はとても多いと思います。症状はあまりひどくないが痛みが長引き治りにくいのが特徴です。ちなみに痛みが3か月以上続くのが慢性腰痛の定義です。
鈍い痛みから症状が始まる場合もあれば、急性の腰痛が完治せずに継続してしまうなどケースはさまざまですが、いつの間にか患っていたという方が多いのではないでしょうか。そのまま放置して自然に治癒するケースは少なく、痛みの度合いや種類も異なります。

レントゲン検査ではわからない腰痛の原因

医療が進化した現在に不思議なことですが、腰痛の診断では実に90%が原因不明とされています。それはなぜでしょうか。病院ではレントゲンの画像による診断が多いからです。
レントゲンでは体の内部すべてをみることはできません。骨のみです。それゆえに骨に異常がみられない場合には腰痛の原因が「不明」となることが非常に多いのです。当然のことながら、筋肉に痛みの原因があったとしても画像には映りません。もちろんレントゲンでの画像診断は症状を調べる上でも必要であり、その他の診断を取り入れているところもありますが、現状では画像による診断に依存している病院が多いのも事実なのです。

その腰の痛み、原因は筋肉にあり

海外では腰痛に対する診断アプローチが異なります。患者様への症状のヒアリングと患部への触診が中心になりますが、その原因の多くが筋肉と診断されるのです。画像による診断だけでなく、総合的な診断をすることによって本当の原因をつきとめることが可能になることの証でもあります。
人間の腰は常に負担がかかっています。二足歩行へ進化した時代から腰痛があったという説もあり、腰痛は人間の宿命かもしれません。日常生活で姿勢を維持するだけでも腰の筋肉は使われています。筋肉に負担がかかると腰の筋肉に血行不良が起こります。血行不良により筋肉が少しずつ硬くなり、痛みのほかにハリ、疲労、重さなどを感じるようになるのです。
慢性腰痛になる原因として主なものに脊柱起立筋(せきちゅうきりつきん)と腸腰筋(ちょうようきん)という筋肉があります。

脊柱起立筋は文字通り背骨を立てる役割で座っている時や立っている時など姿勢を保持するための筋肉です。負担が常にかかっている筋肉です。症状は腰痛だけでなく、背中やお尻にまで痛みを引き起こします。立ち姿勢でお仕事をされる方に多いです。
腸腰筋は股関節から腰椎までをつなぐ筋肉で上半身と下半身を近づける際に使われます。業務においてはドライバーの方やデスクワークが多い方などはこの筋肉に負担がかかっているので腰痛になることが多いです。

高槻市平川接骨院グループの慢性腰痛の治療法

当院では、腰痛の原因を突き止めてから治療を行うことが症状を根本から改善させるための近道であると考えます。
腰の筋肉は複雑でとても数が多く、痛みの原因を特定するのは容易ではありません。触診や患者様へのヒアリングなどを行いながら時間をかけて突き止めます。原因がはっきりしないまま治療しても効果を得られないからです。痛む動作や筋肉・筋膜の緊張状態などを解剖学的、生理学的に検査をしていきます。その後、原因となる筋肉へ手技治療や鍼治療、ハイボルト治療などを行っていきます。
腰痛は時間が経つと勝手に治るというものではありません。症状が悪化しないために早めの治療をお勧めします。
どこに診てもらっても治らなかった方、症状に改善がみられない方、長い間悩まされてきた慢性的な腰痛でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。