お悩みの症状

四十肩

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 病院や接骨院で四十肩だと言われた
  • 夜中就寝中にうずくように痛む
  • 肩が挙がらない/高いものを取ることができない
  • 腰に手がまわらなくなった
  • ズキズキうずくように痛む

四十肩(しじゅうかた)とは

多くの方がお悩みであろう四十肩の正式名は「肩関節周囲炎」。肩関節の炎症反応が出現しているものに対しての総称です。
意外なことに、今も原因ははっきりわからず治療方法も明確になっていないのです。よくある流れとして、まず画像診断(レントゲンなど)を行い、画像検査に異常がなく炎症反応(ズキズキとうずく痛みや夜間痛など)が出現していれば、四十肩(肩関節周囲炎)という診断になるのではないでしょうか。その診断を受けた方の年齢が40代なら四十肩、50代なら五十肩となります。

四十肩の治療法はあります!

原因がわからないだけに対処療法になりがちな四十肩。「湿布と痛み止めで様子を見ましょう」というケースが多いと思われます。そして、慢性的な痛みや動作困難でお悩みの方も多いのではないでしょうか。何も施すことはできないのかというとそんなことはありません。
病院のレントゲンによる画像診断では肩の異常が見られません。レントゲンに映るのは骨だけです。筋肉や靭帯などの軟部組織は映りません。そのため、筋肉や靭帯に痛みの原因や動作困難の原因があったとしても見落とされてしまうのです。四十肩の主な症状として動作時の痛みや可動域が狭まることがありますが、このような症状は典型的な筋肉から発生している症状と言えます。手を挙げる動作や腰に手をまわす動作などは筋肉が正常に働くからこそできる動作なのです。
基本的には四十肩の症状でお困りの方にはまず筋肉の状態を確認する必要があります。特に慢性的な痛みや動作制限が強く出現している方は、筋肉内にトリガーポイントが発生していることが多くあるのです。

トリガーポイントとは筋肉内にできるシコリのことです。このトリガーポイントは、発生している場所以外にも痛みを発生させる関連痛を発生させるという特徴があります。また、トリガーポイントが発生すると、筋肉は正常に機能することが難しくなり、手を挙げたり、腰に手をまわしたりする動作が困難になります。当院では、長年の経験からこのトリガーポイントにアプローチして四十肩の症状を取り除いてきました。

高槻市平川接骨院グループの四十肩の治療法

当院では四十肩の原因であるトリガーポイントを正確に見つけ出すために、まずはしっかりと触診と動診を行ったうえで原因を突き止めます。触診や動診に時間をかけるのは、原因を間違えていると治療の効果がでないためです。どれだけよい治療を行ったとしても、根本原因の究明できていなければ症状は改善しません。
四十肩の痛みの原因であるトリガーポイントを正しく突き止めた後、手技治療やハイボルト治療といった電気治療を用いて長年の痛みを改善していきます。
長い期間治療を行わなかった四十肩の症状は可動域も狭まっているため、治療と併せて肩関節の可動域が広がる運動や体操などレクチャーさせていただきます。
早期治療のご所望、病院や接骨院での治療に時間がかかっているなどお悩みの患者様は当院にまずはご相談ください。

四十肩施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。