お悩みの症状

HOMEお悩みの症状手足のしびれ

手足のしびれ

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 手先がこわばって指を動かしにくい
  • 指先がしびれて物がつかみにくい
  • お尻から足先までしびれる(びりびりと痛むように)
  • ヘルニアと診断され、足先の感覚が鈍い
  • 指先だけ一枚皮が被ったような感覚

しびれは身体からの危険信号

しびれという症状について、昨今では神経ではなく筋肉に起因する症状であると認識されることが多くなっています。筋肉は血管から酸素や栄養素が供給され伸びたり縮んだり、また硬くなったり柔らかくなったりします。
筋肉を使っている状態は、言い換えれば力こぶになっている状態。この状態は筋肉内の血管を圧迫し続けており、筋肉は低酸素・低栄養状態になります。その結果、筋肉はその状態を解放してほしいという信号を送るのです。それが「しびれ」という症状でもあるのです。

しびれの症状がある疾患例

頸部椎間板ヘルニア/腰部椎間板ヘルニア/脊柱管狭窄症/胸郭出口症候群/円回内筋症候群/回外筋症候群/手根管症候群/坐骨神経痛足根管症候群/モートン病など

しびれの定義と原因

勘違いしやすいのが麻痺としびれの違いです。神経になんらかの障害があると現れるのが「麻痺」。筋肉に力が入らない、触っている感覚がわからない状態のこと。一方、意外にもしびれの原因は実は筋肉にあるのです。筋肉は血管から酸素や栄養素を得て機能しますが、動作の継続状態や体重をかけて圧迫状態が続くと筋肉は低栄養状態・低酸素状態になります。その状態が続くと「しびれ」という感覚を発するのです。
例えば、長時間正座をして脚がしびれるのはこの現象に近いです。つまりは長時間正座をすることにより筋肉が圧迫された状態が続きますが、筋肉は血管から酸素や栄養素が入りにくい状態が続きます。酸欠状態となった筋肉は、しびれという反応を出してその状態を早く解放してほしいという信号(サイン)を送るのです。
筋肉がしびれの原因と思われる具体的な例として、脊柱管狭窄症やヘルニア、すべり症などと診断された方の症状があります。多くの患者様が長時間歩いていると少しずつにしびれが出る、腰を反ると強いしびれがあるということを言われます。もし神経に問題があるなら脊柱狭窄症やヘルニア、すべり症などは神経が常時圧迫されている状態ですので、しびれは常時出るはずです。しかし多くの方に異なる症状が出ているということは、筋肉が原因のひとつであることが考えられます。腰を反るのは脊柱起立筋や腰方形筋といった筋肉を使い、歩行や立ち続けることは中殿筋や小殿筋を使います。これは筋肉を使い続け、筋肉内の血管を常に圧迫し続けた結果、疲労状態をしびれとしてサインを出した証でもあるのです。

しびれの発生源は?

しびれの症状の原因の多くは筋肉に起因することは前述した通りですが、筋肉を使い続けると筋肉は次第に硬くなっていきます。その状態が長期化すると筋肉内に筋肉のしこりが出現し、そのしこりが痛みやしびれを引き起こします。これがしびれの発生源です。この筋肉のしこりを「トリガーポイント」と呼んでいます。
トリガーポイントとは発痛点とも呼ばれ、痛みやこりが最も強い場所です。名前の由来は、ピストルの引き金(トリガー)を引くと離れた場所(ポイント)で痛みを感じることからです。これは神経の経路とは別のところで痛みを感じるため「神経痛」ではなく「関連痛」とも呼ばれます。

高槻市平川接骨院グループの手足のしびれの治療法

当院では、まず患者様が感じている症状を詳しく問診し、筋肉の運動学的検査により的確に原因を究明することから始めます。そこから直接の原因になっている筋肉、そしてトリガーポイントへの施術を行います。結果、患部の血流を改善させ、内側から緊張やこわばりを緩和させていきます。こうした手技治療・鍼治療のほか、機器を用いたハイボルト治療を組み合わせて症状の改善を目指します。

手足のしびれ施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。