症状別に見る

                       HOME症状別に見るスポーツ障害ゴルフ肘

ゴルフ肘

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • ゴルフスイングをしたときに肘の内側が痛い
  • 肘の内側の骨を押すと痛い
  • 物を持つときに肘の内側や腕が痛い
  • 腕を曲げたりひねる動作で肘の内側が痛い
  • 腕全体がおもだるい

【目次】

ゴルフ肘とは?

正式には「上腕骨内側上顆炎(じょうわんこつないそくじょうかえん)」と呼ばれるスポーツ障害の1つです。
名前の通り、上腕骨の内側上顆と呼ばれる肘の内側に過度な負担がかかり炎症を引き起こします。

ゴルフ肘の原因

ゴルフ肘は、骨の部分が痛むので骨自体が原因と思われがちですが、実は原因は《筋肉》にあります。
以下の図をご覧ください。

肘の内側の骨に付着している筋肉です。
これらの筋肉は主に肘や手首を曲げたり、手首を内側にひねる時につかわれます。
ゴルフでの手首中心でのスイングや過度な力を入れてのスイング・身体の回旋を使わずに手打ちの状態になっている等、肘・腕に大きな負担がかかった状態でスイングをし続けいることが筋肉に負担をかけてしまう原因です。
負担のかかった筋肉は血流が悪くなり凝りかたまってしまい、付着している骨の部分に牽引力(ひっぱる力)がかかり炎症が起きてしまうのです。

ゴルフ肘といっても、ゴルフ以外の腕をよく使うスポーツやパソコンのタイピング・近年ではスマホの持ちすぎも原因の1つとなっています。
特にスマホは、知らず知らずのうちにスマホを落とさないよう上図の腕の筋肉に力が入り負担が蓄積されていきます。
これらの動作をケアをせずに続けてしまうと長期間炎症が続くことになり、慢性化して日常生活の何気ない動作にまで支障をきたしてしまいます。

一般的なゴルフ肘の治療法

一般的なゴルフ肘の治療は「安静」です。
そして、痛みが強い場合はシップや痛み止めの服用で一時的に痛みを緩和させます。
また、サポーター・バンド等をして痛みを我慢し仕事をされている方も多くおられます。

高槻市平川接骨院グループのゴルフ肘の治療方法

平川接骨院グループでは、痛みの原因となる筋肉に対して血流を改善させる治療を行ないます。ゴルフ肘は安静にしていても根本改善にはなりません。
原因となっている硬く凝りかたまった筋肉に対して血流を促進させ筋肉の柔軟性を取り戻していきます。
まず最初に手技治療で硬くなった筋肉の表面を優しく心地のよい強さでほぐしていきます。
そして、痛みの原因となっている深部の筋肉のポイントに【針治療】や【ハイボルト治療】で痛みの緩和を目指していきます。
治療後は、症状を早く取り除くための自宅でできる簡単なケア方法も詳しくお伝えします。

ゴルフ肘は安静にしていても治りません。
少し痛みが軽減してもまた同じ動作をし続けると痛みは再発してしまいます。
慢性化してからでは治療も長期戦になりますので、痛みがある方は少しでも早く高槻平川接骨院グループにご相談ください。
痛みのない生活を一緒に目指しましょう!

ゴルフ肘施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了