症状別に見る

                       HOME症状別に見るスポーツ障害シンスプリント

シンスプリント

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 歩く・走る・ジャンプをするとすねの内側が痛い
  • すねの内側(内くるぶしから10㎝ぐらいの範囲)を押すと痛い
  • 安静にしても運動をするとまたすねの内側が痛くなる
  • すぐに治ると思ったのになかなか治らない
  • すねがミシミシきしむ感じがする

シンスプリントとは

シンスプリントとはスポーツ障害の一種で繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害です。
脛骨(すねの骨)過労性骨膜炎とも言われ、ふくらはぎの内側にある筋肉の柔軟性の低下により骨の表面を覆う骨膜をひっぱり細かな損傷をきたした結果、痛みを発症するものと考えられています。
ランナーの発生頻度が高く20~50%に発症するとても多い障害です。
偏平足やO脚の方は足に負担がかかりやすい構造なので発症する方が多いです。

症状は

  • ①すねの内側を押すと痛い
  • ②運動時に痛みが出てくる
  • ③腫れ

※悪化すると安静時に痛みがでることもあります。

特に痛みが一点のみに集中している場合は、疲労骨折(※1)が疑われますので痛みが強い場合は病院を受診しましょう。
※1疲労骨折 疲労骨折とは、1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。

疲労骨折は下半身の骨に発症することが多く、中でも(すね)・中足骨(足の甲)に起こりやすいです。骨がもろくなっている段階で痛みを感じる場合もあれば、完全に骨折に至ってから初めて気づく場合もあります。
シンスプリントと疲労骨折はほぼ症状が同じなために区別がつきにくい疾患です。

鑑別方法としては

シンスプリントは脛骨の少し後ろに痛みがありますが、疲労骨折では骨そのものに痛みが出ます。
シンスプリントは10cmぐらいのやや広い範囲に痛みがありますが、疲労骨折では数センチの限局した痛みです。
レントゲンをとると骨折線と呼ばれる骨の折れた線が見えます。
よって最終的に区別するのはレントゲン検査です。
ですので痛みが強い場合は一度専門医を受診されることをお勧めします。

一般的なシンスプリントの治療方法

基本的に病院では、炎症を抑えるために運動の中止もしくは運動量を減らすように指導されます。また、痛み止めのシップ等を処方されることも多く、炎症が治まれば徐々にストレッチやトレーニングを行ないます。
これが一般的なシンスプリントの治療法です。

高槻市平川接骨院グループのシンスプリントの治療方法

シンスプリントの脛骨(すねの骨)の過労性骨膜炎とも言われています。その原因となるのがふくらはぎの内側にある筋肉の柔軟性の低下によりその部分に負担がかかるからだといわれています。
なので治療自体は主に骨膜と筋肉に行う必要があります。
そして、治療は骨膜に対するものと筋肉に対するもので分かれます。

安静と早期治療が必要

まず骨膜に対する場合、炎症が起きている為無理に触るとかえって炎症を悪化させてしまう可能性がある為安静が必要です。
ただほとんどの場合骨膜まで炎症が起こっている事は少なく、筋肉の異常な緊張による筋肉そのものの痛みが出ていることが原因であることが多いです。
ですので、骨膜に負担がかからないように安静にしつつ、そこに負担をかけている筋肉には早期に治療を行う必要があります。
特に、疲労が蓄積しやすい筋肉が後脛骨筋(こうけいこつきん)・ヒラメ筋・長趾屈筋(ちょうしくっきん)と呼ばれる筋肉です。

初期の痛みの対処法

シンスプリント初期の痛みが強く、炎症が起きている場合はアイシングを行います。アイスパックや氷水で凍傷しないよう気をつけながら10分から15分かけてしっかりと冷やします。そしてどうしても動かなくてはならない場合はテーピングなどで足関節を固定しふくらはぎに圧迫を加えてあげるのが良いです。これで炎症を抑え、筋肉による負担がかからないようにしていきます。

次に2日から3日経つと炎症も治まってくるのでマッサージ治療を行い硬く柔軟性の低下した筋肉を元の状態に戻していきます。炎症が治まっただけでこの筋肉の緊張が残っていると結局すぐにまた症状を繰り返してしまいます。

ハイボルテージ治療や針治療でアプローチ

またハイボルテージ治療や針治療を行ない、手では届かない深部の筋硬結(筋肉のこり)へアプローチする事でより早く、確実に症状は回復していきます。

ハイボルテージ治療

ハイボルテージ治療には大きく分けて二つの効果があり、一つは局所の深いところにある痛みの感覚をダイレクトに軽減させていきます。そしてもうひとつは筋ポンプ作用といって筋肉を直接運動させることによって新しい酸素や栄養素の入った血液を送ることでエネルギーが作られ元の柔軟性を取り戻していくというものです。

針治療

針治療にも同じく痛みを和らげる効果と血流改善の効果があるため、シンスプリントの治療には非常に効果があります。

サポート

さらに筋肉の柔軟性をあげるためのストレッチや自宅でのセルフケア、スポーツを再開しても症状を繰り返さないためのトレーニング方法やテーピングのやり方をお伝えし、スポーツをしながらでも不安なくプレーできるようにサポートさせていただきます。

 

シンスプリントを我慢している方は多くいらっしゃいます。
痛みが強くなってからでは、治るまで時間がかかってしまいますので
痛みを我慢せずにぜひ一度、高槻平川接骨院グループにご相談ください。

シンスプリント施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了

シンスプリント施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。