症状別に見る

                       HOME症状別に見るスポーツ障害水泳膝

水泳膝

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 歩き始めに膝が痛い
  • 膝を無理に伸ばすと激痛が走る
  • 階段の上り下りがおっくう
  • 平泳ぎのキックで痛む
  • 水泳のターン時に痛む
  • 膝が痛くて歩行困難

【目次】

水泳膝とは

水泳膝といわれる膝の痛みは、特に膝の使い方が激しい平泳ぎに多い症状です。

膝関節は屈伸運動にしか対応しておらず平泳ぎのような捻じりながら屈伸することにはとても不向きな関節構造なのです。また、太ももの前にある大腿四頭筋や内側についている内転筋は膝を伸ばすときによく使います。歩行時や階段の上り下り、立ちっぱなしの時など日常生活でもよく使う筋肉です。

水泳膝では平泳ぎでキックを開始するとき、膝の関節は最大に曲がっています。ここから強力に水を蹴りながら膝を伸ばしていくと膝を外側に回す力と膝から下を外側に向ける力が加わります。膝を伸ばす力にさらに膝を捻る動きが重なって負担をかけてしまいます。加えて近年ではスピード重視の泳ぎ方が採用されるようになり、膝の内側の靱帯や筋肉、周りの軟部組織に繰り返し負担が蓄積することで炎症を起こして膝の痛みが発症します。

一般的な水泳膝の治療方法

水泳膝に最も有効なのは、MRIによる検査の方法です。膝の内側に好発するこの症状はMRI検査による解析を行うことが最も効果的であり、この検査のみで症状の有無や軽傷か重症かなどを容易に判断することが可能です。場合によっては関節鏡検査を行うことにより、最終的な詳しい症状の度合いに関して検査することもあります。

多くの場合膝への過負荷を軽減するために泳ぐことを中止し、アイシングで炎症を抑え痛みの軽減をします。その後、膝周りの大腿四頭筋や内転筋の筋力を強化し、膝に負担が掛からないように平泳ぎのキックのフォーム改善を行います。

高槻市平川接骨院グループの水泳膝の治療法

腫れや炎症が強い場合アイシングを行って局所の安静を治療法としてまずは選択します。

高槻市平川接骨院グループでは膝を最大限屈伸させ、捻りの動きも加わる動きを繰り返す結果、大腿四頭筋や内転筋などの太ももの筋肉の疲労蓄積や使いすぎによりトリガーポイント(筋肉のしこり)ができ、膝の内側に痛みを引き起こす筋筋膜性疼痛症候群(MPS)が起こることがわかっています。アイシングによる一時しのぎの治療をしてもなかなか症状が改善しないのです。膝の周囲にある筋肉の緊張を手技や針治療、HV治療をすることで血流を改善し筋肉の柔軟性を回復し痛みを取っていきます。

特に水泳膝は痛みのでている膝の内側局所を施術するだけよりも、股関節やお尻周りの柔軟性を回復させることが重要です。
トリガーポイントは長時間の反復した練習やのストレッチ等のケア不足などが原因で起こります。
当院では一人一人の患者様の水泳膝の状態を膝だけでなく股関節周りからしっかりと緊張をほぐして早期回復、スポーツ復帰を目指します。
どこへ行っても改善できなかった水泳膝の痛みは一度、高槻平川接骨院グループにご相談ください。

水泳膝施術を受けられた患者様の声

    • 適切な施術に満足しています!

      • 氏名川島博 様
      • 性別男性
      • 年齢80代
      • 院名高槻芥川町
      • 症状おしりの痛み・しびれ
      • 治療メニュートリガーポイントリセット整体®・トリガーポイント針治療
      頂戴した声

      圧迫骨折でコルセット治療の後、歩行が正常に戻らなかった。5年後整形外科で電気治療を受けたが、回復しなかった。
      その後、平川院の広告が目にとまり、治療方針の説明を受け納得し、受診をお願いしました。
      治療の効果は薄紙をハガス様に徐々に表れ、前途に希望が持てるようになった。
      受診時必ず様態の変化を聴かれ、その状態を改善する適切な施術に満足しています。

      担当スタッフからのコメント

      川島博様の痛みが改善されスタッフ一同大変嬉しく思います。
      今回のような辛い症状もしっかりと原因を突き止めて治療を行うと症状は改善できます。今後も今回のお悩みだけでなくお身体の痛みを引き起こさないようにしっかりサポートさせていただきますので不安な事がありましたらいつでも平川整骨院グループにご相談ください!

      大阪府高槻市で、お悩みの方は是非一度、高槻市平川整骨院グループにご相談ください。

    • 体が軽くなり快適に過ごせています!

      • 氏名O.J 様
      • 性別女性
      • 年齢80代
      • 院名高槻芥川町
      • 症状脊柱管狭窄症
      • 治療メニュートリガーポイントリセット整体®・ハイボルト治療
      頂戴した声

      脊柱管狭窄症と診断されて強烈な痺れと痛みが右臀部にありました。
      いろいろな治療を受けるもシコリが取れず、苦しんでいました。
      チラシを見てここで施術をしてもらった結果、血液循環がよくなりそのうちシコリも和らぎ身体も軽く快適に過ごすことが出来ました。
      これからも続けていきたいです。

      担当スタッフからのコメント

      O.J様の痛みが改善されスタッフ一同大変嬉しく思います。
      今回のような辛い症状もしっかりと原因を突き止めて治療を行うと症状は改善できます。今後も今回のお悩みだけでなくお身体の痛みを引き起こさないようにしっかりサポートさせていただきますので不安な事がありましたらいつでも平川整骨院グループにご相談ください!

      大阪府高槻市で、お悩みの方は是非一度、高槻市平川整骨院グループにご相談ください。

    • 痛みで起きる事がなくなりました!

      • 氏名M.M 様
      • 性別女性
      • 年齢50代
      • 院名高槻芥川町
      • 症状股関節痛
      • 治療メニュートリガーポイントリセット整体®・ハイボルト治療
      頂戴した声

      治療する前は寝ていても股関節が痛み歩くのも痛みで辛かったのですが、治療を続けていくうちに徐々に痛みが少なくなっていき、今ではほとんど気にならず寝ていても痛みで起きる事がなくなりました。これからもよろしくお願いします。

      担当スタッフからのコメント

      M.M様の痛みが改善されスタッフ一同大変嬉しく思います。
      今回のような辛い症状もしっかりと原因を突き止めて治療を行うと症状は改善できます。今後も今回のお悩みだけでなくお身体の痛みを引き起こさないようにしっかりサポートさせていただきますので不安な事がありましたらいつでも平川整骨院グループにご相談ください!

      大阪府高槻市で、お悩みの方は是非一度、高槻市平川整骨院グループにご相談ください。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了