症状別に見る

HOME症状別に見る変形性膝関節症

変形性膝関節症

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 膝を伸ばすのがつらい、膝を曲げるのがつらい
  • 歩き始めるときに膝が痛む
  • 正座がつらい、できない
  • 歩行時に膝に力が入らない
  • ヒアルロン酸注射を打っているが効果を感じない
  • 膝に水が溜まることがよくある
  • 病院で手術を勧められた
  • 治らないとあきらめかけている

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは

加齢とともに軟骨がすり減り関節の間が狭くなる「変形性膝関節症」。
患部に炎症が起こり、関節の周りの筋肉や神経が刺激され痛みをともないます。男性より女性に多く、推定では男性の倍の罹患者数と言われます。高齢者に多いのも特徴です。50歳以上では1000万人が変形性膝関節症を発症しているとされています。膝の曲げ伸ばしをする時や動作開始時に痛みを発するのが主な症状です。

変形することで痛む?

実はX脚やO脚が原因で膝に痛みを感じる方はとても少ないです。変形性膝関節症もX脚やO脚も同じ構造の異常と分類されます。ではなぜ同じ構造の異常で痛みの発症に差が出るのか。そこに変形性膝関節症の痛みの原因があるのです。
「変形性膝関節症になっているから膝が痛い」というのが一般的な認識だと思います。しかし、変形だけが痛みの原因でしょうか。
実際に変形性膝関節症の方はレントゲンの画像により変形しているのを確認されていると思います。また、症状が進行すればご自身により目視で膝の状態を確認できます。膝が変形していることは認められますが、実は変形しているから痛みを出すということではありません。変形という現象から、骨や関節にまず注目してしまいますが多くの場合、痛みの原因は膝を支えるための筋肉にあります。

痛みの本当の原因とは?

変形性膝関節症の膝の痛みの原因は筋肉です。骨が変形しているからではありません。そして正確には骨が変形して起こる身体の重心のぶれなのです。その重心のぶれを支えるために膝関節の周りの筋肉に過剰に負荷が加わり、筋肉が痛みを出しているのです。
前述したとおり、変形が痛みの原因であればX脚やO脚でも同様に痛みが出るはずです。しかしX脚やO脚だから膝が痛いというのはあまり聞いたことはありません。それはX脚やO脚のほとんどは比較的若年層だからです。年齢が若いと筋肉がしっかりしているので少しの重心のぶれでは負担がかからないというわけです。
変形性膝関節症に高齢者の方が多い理由はここにあります。年齢が上がっていくと誰もが筋力が低下し筋肉量が減ります。そして膝の変形により起こる重心のぶれで過剰な負荷もかかる。日常生活では常時筋肉を使っています。歩行や階段の昇降、荷物の運搬…筋力が低下した状態で負荷を加え続けると膝の筋肉が限界に達し、痛みを引き起こします。これが変形性膝関節症の痛みの本当の原因なのです。

高槻市平川接骨院グループの変形性膝関節症の治療法

当院では、変形性膝関節症の痛みの原因である筋肉に対して治療を行います。例えば、変形性膝関節症で多くみられる膝の内側の痛みへの治療。膝の内側に付いている内側広筋という筋肉にトリガーポイントという筋肉のしこりができている場合が多いです。そのトリガーポイントを治療していきます。
治療ではトリガーポイント(筋肉のしこり)を発見し、筋肉内に血流を促す手技治療や筋肉の奥深くを緩めることのできる鍼治療やハイボルト治療などを用いて筋肉の緊張を緩めます。また、痛みの除去と同時に筋肉トレーニングやストレッチを行って筋肉の強化を図ります。
当院では痛みを緩和・除去するのは当然のこと再び症状を繰り返さないように治療させて頂いております。「病院で変形性膝関節症と診断されてしまった」「通院しているがなかなか改善しない」などお悩みでしたら、当院へお気軽ご相談ください。