症状別に見る

HOME症状別に見る腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 腰が痛い時、腰やお尻をたたくと気持ち良い
  • コルセットが欠かせない
  • 重いものを持ったり、持ち上げるのがつらい
  • 身体を前後に倒すと、電気が走るように足まで痛む
  • 座っている時、お尻から太ももがうずくように痛む
  • 足がしびれて歩くのもつらい
  • 寝返りをすると痛みで目がさめてしまう
  • 病院で処方された痛み止めが効かない
  • 少しずつ足に力が入らなくなってきた
  • 改善するために手術を勧められた

ヘルニア治療の現在

腰(腰椎)や首(頸椎)に発症する椎間板ヘルニア(いわゆるヘルニア)について皆さんはどのように想像されますか。背骨のクッションになっている椎間板が変形…、または飛び出した神経を圧迫して強い痛みやしびれ…、悪化すれば手足が動かなくなるなど麻痺をすることも…と痛くて治りにくい症状のイメージではないでしょうか。しかし、ヘルニアの原因解明が進み治療方法は変わりつつあります。諸外国では背骨(腰椎や頸椎)の変形が神経を圧迫して痛みやしびれを引き起こすという診断はすでに行われていないのです。

ヘルニアの本当の原因

前述したように、ヘルニアの診断において痛みやしびれ・麻痺の原因は背骨の変形や神経の圧迫に基づいたものという説は変化してきています。

このグラフは腰痛のない人を対象にレントゲンやMRI等の画像診断を行ったところ、76%の人にヘルニアが、85%の人に椎間板の異常が見つかりました。
普段は腰に痛みや痺れがないと画像診断を行わないのですが、全く腰に痛みがない人でも画像診断では異常があるのです。
このことからもヘルニアがあるから痛みや痺れが出るというわけではないということが分かります。
こうした見解はすでに諸外国では定着しており、ヘルニアによる手術療法はすでに行われていないのです。

代わって採用されているのが筋肉に起因するという説です。具体的には、筋肉や筋膜に生じたトリガーポイントという血流不足・酸欠ダメージの結果生じる筋肉のしこりが原因です。正式にはMPS(筋筋膜性疼痛症候群)と呼ばれているものです。
これまで「悪化すると手足が動かなくなる」「悪化すれば手術しかない」などと診断されていたヘルニア治療ですが、当院ではそうした患者様の不安を解消するためにも日々全力で施術に当たっています。当院では新しい痛みの診断基準に基づいて患者様の症状に合わせた治療方法を採用しています。

高槻市平川接骨院グループの腰のヘルニアの治療法

当院では国家資格を持った施術者が、配属される前から約200時間の研修を受けてから現場に出ます。筋肉や骨を正確に触りわける研修を行い、施術はもちろん原因を正しくみつけるための研修も実施しています。
当院での治療は主に筋肉に対して行っています。筋肉は全身で約600箇所以上。患者様それぞれ異なる原因筋を正しく見極めて施術を行います。また痛みやしびれのある部分と原因の筋肉は同一の場所とは限りません。ゆえに治療の前の問診や検査はより重要になります。早く痛みをとるためには、痛みやしびれの正しい原因を把握し、適切な施術を行うことです。
痛みやしびれの治療の原則は早期治療です。これまでなかなか解消されなかった痛みや症状がございましたらお気軽にご相談ください。

腰のヘルニア(腰椎椎間板ヘルニア)施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。