症状別に見る

                       HOME症状別に見る手足のしびれ小殿筋が原因の痛みやしびれ

小殿筋が原因の痛みやしびれ

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • お尻の痛み
  • 足の痛みやしびれ

【目次】

家事や仕事をしてると腰・お尻~足に痺れが…この様な症状で悩まされていませんか?

脳卒中・糖尿病、痺れが出てくるとこのような病気が頭をよぎり心配になり病院へ。しかし、MRIやレントゲンを撮っても異常がないと言われた。その様に訴えられる患者さんも少なくありません。その前に必ず以下の症状が出ていないか確認して下さい。

体の左右半身全体に痺れがでている
ろれつが回らない
ふらつきや視力障害
異常な喉の渇き食欲増進

症状がある方

上記のような症状があれば、脳卒中や糖尿病の危険性があるのでまずは病院で検査を受けて下さい。

症状がない方

この様な症状も無く検査結果も異常がなく、病院の先生からも少し様子をみましょうとしか言われない場合…もしかするとその痺れの原因は【筋肉】かもしれません。

筋肉が原因の場合も

筋肉!?と思うかもしれませんが、痺れとは神経の障害で起こるわけではありません。筋肉は人と一緒で栄養や酸素が無くなってしまうと壊死(えし)を起こしてしまいます。そうなると大変なことになるので体もそれを防ぐ為にある命令を送ります。それが痺れなのです!

痺れの例

分かりやすい例をご紹介しますと・・・
みなさん長時間〈正座〉をしていて脚が痺れるという経験があると思います。
あの痺れは長時間正座をすることにより筋肉が圧迫された状態が続きます。
そうすると筋肉は、血管から酸素や栄養素が入りにくい状態が続きます。
その状態が長時間続いてしまうと筋肉は壊死してしまうため
“しびれ”という反応を出してその状態を早く解放してほしいという信号を送るのです。

痺れの出ている筋肉は血流不足

痺れの出ている筋肉は、いわば血流不足の状態なので栄養や酸素不足が解消されれば痺れも徐々に治まっていきます。
正座を長時間行なっても、しびれはそのうち治まりますが、このようなメカニズムで筋肉にずっと負担がかかり続け血流不足状態が改善されずにいると筋肉に【トリガーポイント】という痛みを引き起こす硬いしこりのようなものができてしまいます。
このトリガーポイントによってしびれを長引かせてしまうのです。

原因になる筋肉によって痺れの出方は変わります。
ではどのような筋肉がおしりや脚にしびれを出すのか紹介していきます。

お尻~足にかけてのしびれ

下図の赤くなっている部分は症状を感じる領域です。関連痛領域はお尻~太もも外側~ふくらはぎ外側まで及びます。この領域にしびれがある方は【小殿筋(しょうでんきん)】が原因の可能性があります。

小殿筋とは?

小殿筋はお尻の筋肉の中でも非常に深いところに位置し、立っている姿勢・座っている姿勢のどちらの時も股関節を支えるために働きます。

小殿筋にトリガーポイントを引き起こす要因とは?

ではなぜ小殿筋に負担がかかってしまうのでしょうか。日常生活の動作を思い浮かべてみてください。下記の項目に当てはまりませんか?

  • 長時間歩くことが多い
  • 長時間の運転
  • 重い荷物を持つなど踏ん張ることが多い
  • 立っているとき片側に体重がかかっていることが多い

これらは小殿筋に負担がかかっている動作・姿勢です。
長時間の歩行や立ちっぱなし・片側に重心が偏っている姿勢を続けることで小殿筋に疲労物質が蓄積し、栄養素が行き届かずトリガーポイントが発生します。
そして筋肉から痛みの物質が発生することで、痛み・しびれを引き起こすのです。
これが小殿筋が原因となるしびれの真実です。

高槻平川接骨院グループの小殿筋のトリガーポイントに対する治療とは?

当院では、小殿筋のトリガーポイントに対してまずは手技治療を行ないます。
小殿筋は前述したとおり、殿筋の中でも非常に奥深くに位置しており直接触れることはできません。中殿筋を介して小殿筋にアプローチする必要があります。トリガーポイント(筋肉のしこり)を解消させるためには、血流の改善が必要です。筋肉に必要な酸素や栄養素を筋肉に運ぶことが出来れば、徐々に筋肉の柔軟性を取り戻すことができます。しかし小殿筋のトリガーポイントをほぐすためには、単に筋肉をマッサージするだけではなかなか改善されません。

手技治療

平川接骨院では、筋肉が最大限に弛緩した状態(姿勢)で手技治療を行ないます。そうすることで患者様のお身体への負担を少なく、素早く症状改善ができるのです。もちろん小殿筋だけに負担がかかっているわけではありませんので、周りの関連する筋肉も心地の良い強さでほぐしていきます。

ハイボルト治療や針治療でアプローチ

その後、お身体に合わせて針治療やハイボルト治療を組み合わせさらに血流を改善していきます。

ハイボルト治療

ハイボルト治療には大きく分けて二つの効果があり、一つは局所の深いところにある痛みの感覚をダイレクトに軽減させていきます。小殿筋など直接触れることのできない筋肉には最適の治療器です。
そしてもうひとつは電気刺激による筋ポンプ作用といって筋肉を直接運動させることによって新しい酸素や栄養素の入った血液を送ることでエネルギーが作られ元の柔軟性を取り戻していくというものです。

針治療

針治療にも同じく痛みを和らげる効果と血流改善の効果があるため、しびれ治療には非常に効果があります。

当院でも皆様と同じようにお尻から足にかけて痛みをお持ちの方も、この治療で改善されております。

小殿筋が原因の痛みやしびれ施術を受けられた患者様の声

    • 背筋がのびて気持ちよくすごしています!

      • 氏名福井正之 様
      • 性別男性
      • 年齢55
      • 院名その他グループ院
      • 症状小殿筋が原因の痛みやしびれ
      • 治療メニュートリガーポイントリセット整体®・ハイボルト治療
      頂戴した声

      左足がしびれて歩くのも苦痛だったのですがハイボルト治療のおかげで今はしびれもなくOKです。膝・腰もお世話になってOKです。背筋がのびて気持ちよくすごしています!

      担当スタッフからのコメント

      小殿筋のトリガーポイントは日常生活の負担の積み重ねで発症することが多く慢性化し、深刻な状態になってから来院されることが多いです。
      痛み・しびれを感じたら我慢せず、まずは高槻平川接骨院グループにご相談下さい。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了