症状別に見る

                       HOME症状別に見るスポーツ障害野球肩

野球肩

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 肩をあげると痛い
  • 投球時に肩に痛みが出る
  • 野球の練習後に痛みが出てくる
  • 全力でボールを投げられず、投げるのが怖い
  • レントゲンを撮っても異常なしと言われた

野球肩とは?

「野球肩」とは、インピンジメント症候群・腱板損傷・棘上筋損傷・上腕二頭筋腱炎・棘下筋萎縮・上腕骨骨端線障害(リトルリーグショルダー)・動揺性肩関節症(ルーズショルダー)などの様々な肩関節の障害の総称です。野球肩と呼ばれますが、野球の投球動作の他にもテニスやバレーボール等、肩を大きく回す動作を繰り返すスポーツで引き起こされる肩の痛みのことです。

野球肩の原因

原因は大きく分けて2つあります。
まず1つ目は【ケガ(外傷)】です。
これは、繰り返しの動作というよりも、一度の外力で引き起こされた方の痛みのことを指します。ボールを投げた瞬間に急に痛みがはしる、転倒した際に肩から落ちて肩が痛いなどがケガ(外傷)に当てはまります。

2つ目は【使い過ぎ(オーバーユース)】です。
間違ったフォームで投球動作を繰り返すと、肩の周りの靭帯や筋肉に大きな負担がかかります。肩は球関節でとても不安定な関節です。腕の骨を筋肉や靭帯だけで支えているのですから、腕をおろしているだけでも少なからず負担はかかっています。
そんな中、投球動作はといのは腕を大きく回しボールを投げるため腕の遠心力により上腕の骨は外側に引っ張られる力(牽引力)がかかります。
その時筋肉や靭帯はその牽引力に負けないようにグッと力を入れて踏ん張ります。
この動作の繰り返しで筋肉に負担がかかると、筋肉は疲れてしまいます。
そして、筋肉への血流が悪くなることで酸素や栄養素が供給されずに疲労物質だけが筋肉内に蓄積され痛みがでます。

このように痛みの引き金になってる筋肉内に発生したコリやしこりの事を医学用語でトリガーポイントといいます。このトリガーポイントやトリガーポイントの関連痛が野球肩の痛みの原因です。

一般的な野球肩の治療法

一般的な野球肩の治療方法は「安静」で、炎症が強い場合は関節内に注射をして炎症を抑えます。その後復帰に向けてリハビリを行ないます。

高槻市平川接骨院グループの野球肩の治療方法

当院では、肩の痛みの原因を初回の問診で時間をかけて探していきます。
(原因を捉え間違えてしまうとその後どんな治療をしても良くならないためです。)
その原因に対してまずは【手技治療】を行なっていきます。
負担のかかった筋肉(トリガーポイント)に対して表面の筋肉の血流を改善し痛気持ちいい強さでほぐしていきます。
表面の血流が良くなったらさらに深部のトリガーポイントに対して【針治療】や【ハイボルト治療】で痛みの緩和を目指していきます。
治療後はお一人お一人に合わせた、自宅での過ごし方や早期改善にむけてのストレッチ方法やトレーニング方法をお伝えさせていただきます。

  • 野球肩を早く改善したい方
  • 練習が休めず肩の痛みを我慢している方
  • 練習を続けながら肩の痛みを治したい方
  • 昔野球をしていて肩の痛みが長く続いている方等

当院ではお一お一人の状態に合わせて、治療・その後のサポートをさせていただきますので是非一度高槻平川接骨院グループにご相談ください。

野球肩施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了

野球肩施術を受けられた患者様の声

    只今、掲載準備中です。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。