お悩みの症状

HOMEお悩みの症状腰の症状多裂筋が原因の腰痛

多裂筋が原因の腰痛

下記に当てはまる方はぜひ当院にご相談ください!
  • 腰の中央部に痛みを感じる
  • 腰の下の方やお尻にも痛みが出ることが多い
  • 坐骨神経痛のような症状が出る(お尻から太もも後面にかけての痛み)
  • 背中の方にも痛みが出るときがある
  • 腰が痛くて前かがみが困難である(靴下を履くのがツライ)

【目次】

多裂筋が原因の痛みやしびれ

家事や仕事をしてると背中から腰・お尻・太もものあたりにしびれが…この様な症状で悩まされていませんか?
脳卒中・糖尿病、痺れが出てくるとこのような病気が頭をよぎり心配になり病院へ。
しかし、MRIやレントゲンを撮っても異常がないと言われた。その様に訴えられる患者さんも少なくありません。
その前に必ず以下の症状が出ていないか確認して下さい。

体の左右半身全体に痺れがでている
ろれつが回らない
ふらつきや視力障害
異常な喉の渇き食欲増進

症状がある方

上記のような症状があれば脳卒中や糖尿病の危険性があるのでまずは病院で検査を受けて下さい。

症状がない方

この様な症状も無く検査結果も異常がなく、病院の先生からも少し様子をみましょうとしか言われない場合…もしかするとその痺れの原因は【筋肉】かもしれません。

筋肉が原因の場合も

筋肉!?と思うかもしれませんが、痺れとは神経の障害で起こるわけではありません。筋肉は人と一緒で栄養や酸素が無くなってしまうと壊死(えし)を起こしてしまいます。そうなると大変なことになるので体もそれを防ぐ為にある命令を送ります。それが痺れなのです!

痺れの例

分かりやすい例をご紹介しますと・・・
みなさん長時間〈正座〉をしていて脚が痺れるという経験があると思います。
あの痺れは長時間正座をすることにより筋肉が圧迫された状態が続きます。
そうすると筋肉は、血管から酸素や栄養素が入りにくい状態が続きます。
その状態が長時間続いてしまうと筋肉は壊死してしまうため、“しびれ”という反応を出してその状態を早く解放してほしいという信号を送るのです。

痺れの出ている筋肉は血流不足

痺れの出ている筋肉は、いわば血流不足の状態なので栄養や酸素不足が解消されれば痺れも徐々に治まっていきます。
正座を長時間行なっても、しびれはそのうち治まりますが、このようなメカニズムで筋肉にずっと負担がかかり続け血流不足状態が改善されずにいると筋肉に【トリガーポイント】という痛みを引き起こす硬いしこりのようなものができてしまいます。このトリガーポイントによってしびれを長引かせてしまうのです。

原因になる筋肉によって痺れの出方は変わります。
ではどのような筋肉が背中、腰やお尻の痛み・しびれを出すのか紹介していきます。

背中~腰・おしりの痛みやしびれ

下図の赤くなっている部分は症状を感じる領域です。
関連痛領域は腰の上部や下部の痛みやお尻や太もも後面の痛みやしびれ、だるさ・お腹側の痛みや違和感まで広範囲に及びます。
この領域に痛み・しびれがある方は【多裂筋(たれつきん)】が原因の可能性があります。

腹直筋とは?


多裂筋は、背骨と背骨をつなぎ、身体をひねる・横に倒す・そらす等の動作で補助をするとともに、インナーマッスルとして体幹の安定化に作用する重要な筋肉です。
多裂筋単体では各背骨の出っ張りから始まり、2~4個上の骨の真ん中につきます。
それが首・胸・腰に各部分に分かれながら背骨全体にかけて付着しているため、大きな動きを出すことは苦手で1つ1つの関節を安定させて綺麗な姿勢を維持したり、運動時は骨の配列をうまく調整し、細やかな動きをサポートしているのです。

多裂筋が腰痛を引き起こす原因とは?

多裂筋が腰痛を引き起こす状態とは、多裂筋にトリガーポイントが出来ている状態です。トリガーポイントとは、筋肉内の発生するコリ・シコリのことです。
筋肉は血管から酸素や栄養素をもらって伸びたり縮んだりしています。
筋肉に負担がかかり続けると…
筋肉は太くて硬い状態になり筋肉がスムーズに伸び縮みできなくなります。

トリガーポイントの仕組み

その状態が続くと筋肉内に血管から酸素や栄養素が運ばれにくい状態になるため、トリガーポイントが発生します。トリガーポイントが発生するとトリガーポイントが発生している場所に痛みが出現するのはもちろん、トリガーポイントが発生している場所以外にも痛みやしびれ、だるさといった症状を引き起こします。
このように原因の場所と違う場所に痛みなどの症状を引き起こすことを関連痛といいます。
多裂筋の痛みの場所や関連痛領域は図の通りです。
(腰の上部や下部の痛みやお尻や太もも後面の痛みやしびれ、だるさ・お腹側の痛みや違和感)

多裂筋にトリガーポイントを引き起こす要因とは?

物を持ち上げるなど長時間の前かがみ動作
悪い姿勢での長時間の座りっぱなし・立ちっぱなし
長時間のデスクワーク・スマホの使用

上記に1つでも当てはまる方は【多裂筋】にトリガーポイントが出来ている可能性があります。
実はこの多裂筋は、【姿勢維持】に大きく関係しています。
先ほどもお伝えしたように多裂筋は背骨のすぐそばにある筋肉のため、24時間欠かさず背骨の安定性をキープするために働きつづけているのです。
綺麗な姿勢でも常に働き続ける事は大変なのに、悪い姿勢だとさらに多裂筋への負担が大きくなってしまいます。
そしてその時間が長くなると筋肉への血液供給がされずに疲労物質だけが溜まり、痛み物質が産生され、”痛みの悪循環”が回っていくのです。
そして、トリガーポイントが悪さをして腰やお尻、太ももまで痛みやしびれ・だるさを引き起こし、日常生活の小さな動きにも支障をきたしてしまうのです。
これが多裂筋が原因となる痛み・しびれの真実です。

高槻平川接骨院グループの腰方形筋のトリガーポイントに対する治療とは?

まずは、施術前の問診(ヒアリング)と検査を細かく行ないます。
腰には様々な筋肉があり筋肉の触診やトリガーポイントの位置の把握が大変難しい部位になります。正しい原因を見つけ出さないとその後どれだけ施術を行なっても良くならない為、しっかりと時間をかけてポイントを見つけていきます。(当院では施術の技術研修や、正しく筋肉を触り分ける体表解剖研修も行なっておりますのでご安心ください。)
原因を見つけたらまずは筋肉表面の血流を改善させる手技治療を行ないます。
多裂筋は分厚い筋肉になるため、奥深くまでアプローチできる【トリガーポイント針治療】や【ハイボルト治療】を組み合わせて素早い症状改善を目指します。

トリガーポイント針治療とは

痛みの原因となる《筋肉》や《筋膜》そして《トリガーポイントそのもの》を内部から刺激するため、効率的に筋内部の血流を改善することができます。
また、針による刺激は筋肉や生体にとって異物であるため《自己免疫》が働き反射的に血液が集まってきます。
その他、様々な生体反応や反射を利用して痛みやしびれなどの症状を効果的に改善していくのが「トリガーポイント針治療」です。
ポイントをしっかり捉えるため、「そこそこ!」「痛気持ちいい~」「ほぐれてきた!」と患者様からご好評の声を多くいただいております。

ハイボルト治療とは

電気治療ときくと「痛そう…」というイメージがあるかもしれません。
しかし、ハイボルト治療器は電気のビリビリした感覚を感じにくい周波数でつくられており不快感なく治療を受けていただけます。
また、この治療器はプロアスリートも使用している安全で安心な治療器です。
電圧の強さもお一人お一人に合わせて行ないますのでご安心ください。
スーーッと腰の奥まで効いていく感覚を是非ご体感いただければと思います。

施術後は自宅での過ごし方やお一人お一人にあったケア方法・日常で気を付ける事をお伝えし一緒に症状改善を目指していきます。
ストレッチ方法や普段の歩き方、寝るときの体勢、症状改善のための食事など気になる事はなんでもご質問ください。スタッフがしっかりとお応え致します!
1つストレッチをご紹介しますので是非行なってみてください♪

脊柱起立筋のストレッチ方法

このストレッチは多裂筋だけでなく、脊柱起立筋全体が伸びる効果的なストレッチです。
※痛みが強くなる場合は無理をせず中止し、一度高槻平川接骨院グループにご相談ください。

以下お喜びの声をご紹介します。

多裂筋が原因の腰痛施術を受けられた患者様の声

    • 趣味のゴルフを気兼ねなくできるようになりました。

      • 氏名浅井浩貴 様
      • 性別男性
      • 年齢
      • 院名その他グループ院
      • 症状多裂筋
      • 治療メニュートリガーポイントリセット整体®
      頂戴した声

      腰痛になり歩くのがやっとの状態で、一時は仕事ができなくなりましたが平川接骨院に出会い治療を続けていく内に徐々に回復して今では趣味のゴルフを気兼ねなくすることができるようになりました。平川接骨院に出会えたことに感謝!!お世話になった先生方ありがとうございました。今後共よろしくお願いします。

      担当スタッフからのコメント

      多裂筋のトリガーポイントは日常生活の負担の積み重ねで発症し、慢性化されている方が多くいらっしゃいます。
      腰に痛み・しびれを感じたら我慢せず、まずは高槻平川接骨院グループにご相談下さい。

【免責事項】お客様個人の感想であり効果・効能を保証するものではありません。
林 宏和

本記事の文責
平川接骨院/針灸治療院グループ

林 宏和

経歴

  • 2007年4月 平川接骨院 入社
  • 2012年7月 久我の杜平川接骨院 院長
  • 2018年6月 平川接骨院 本院 院長
  • 2019年4月~ 人材部部長

関西で16店舗の平川整体院グループ人材部部長
業界歴15年、全国の学生採用から入社後の技術研修、教育を担当

  • 柔道整復師 鍼灸師免許取得
  • 体表解剖学研究会 修了
  • 社内体表解剖研修 担当
  • ハワイ大学人体解剖研修 修了
  • 韓国大田大学人体解剖研修 修了